会計事務所経験者の採用情報

採用に関するポリシー

中途  ベテランコース会計事務所経験者採用に関するポリシー

>会計事務所経験者採用に関するポリシーの図中途  ベテランコース
いきなり無理はお願いしません。やり方も、考え方も違う環境で直ぐに 実力が発揮出来るとは考えません。
ですから段階を踏みます。 期間を短縮したいと思います。指導的、統括的な分担と処遇をしたいと考えますので、ご理解下さい。
ご経験ご年齢ご家庭環境は考慮しますが、無理な業務設定をして、過度な役割分担をいきなりしたいとは考えません。

中途  時短コース会計事務所経験者採用に関するポリシー

>会計事務所経験者採用に関するポリシーの図 中途  時短コース
いきなり無理はお願いしません。 慣れていただく段階が必要だと考えています。
段階に従って業務分担を変えて、給与も変更 します。 通常の昇給期間を早めて、半年以内、又は 半年毎に変更します。
私達の仕組に達した段階で、通常の役割分担 昇給等の給与体系に戻ります。 業務水準に達していない場合は、当然期間を 延ばしますが、必要な支援は期間中行い続け ます。

新人・未経験コース会計事務所経験者採用に関するポリシー

>会計事務所経験者採用に関するポリシーの図新人
財務の仕事の初心者を想定しています。段階を追って成長していきたいと考えて います。
成長の支援は行います、本人の成長への希求が成長のスピードを左右すると考え ています。
倦まず焦らず努力していく事が、唯一つの 方法だと考えています。仲間と共に一歩一歩成長して行きましょう。成長と共に、業務分担や役割分担が変わり処遇も変更して行きます。

会計事務所経験者の募集職種

統括職とは何か

今までの経験を生かし、後進とのこれからを作りましょう

円熟の年代に入るのだと思います。 ご自身の経験や、ご指導の歴史を若い世代に、承継・受け継いでもらうそんな仕事をご一緒にして下さい。 ご自身のこれからの40代、50代を考えながら、後進の30代・20代を更に成長させる事によって、ご自身は更なる飛躍のきっかけになれれば幸いです。 お客様は、我々の経験や知識や臨機応変な対応を求めています。 ご自身の、今までの経験や知見を後進に生かして、ご自身は更に、お客様・地域社会に貢献をして下さい。20代の勉強、30代の経験の上に40代の役割がありそれが今後の50代・60代につながると考えています。

リーダー職とは何か

これからの10年・20年を造って行きましょう。

何事も10年経験すると物の見方が出来てくるのでしょうか。 5年程度では核心に迫っていないのではないかと思います。 しかし又、考えの濃さ深さは年数では無いとも思います。 そんな年月を過ごされた方が転職を考えられる事は大きな事と思います。 私達がその様なあなたに、胸を張ってどうぞいらっしゃいと言えるかと言うと 心許ないのですが、唯ただ、ご一緒に作って行きたいと考えています。 全国展開を考える大規模事務所ではありませんし、ローカルに拠って立ちたいと 考えている、ごくごく普通の事務所です。 だからこれからの10年・20年を大事に考えて仕事をしていきたいと考えています。 会計リーダー職は、充実した経験を重ねていただける30代以上と予測しています。

指導職とは何か

成長の土台に、物事の本質、仕事の本質に迫って下さい。

私達は貴方の成長を願っています。 その為に環境を整え、仕事を獲得し、貴方の成長の糧にしたいと思います。 会計事務所での5年の経験を生かして、今後の土台を固める、大事なこれからを 貴方と一緒に仕事が出来る事を大切に考えています。 お客様の仕事を分担させてもらいながら、その中の本質を理解し、対応を考慮 する為に、仲間と一緒に成長して下さい。 一人で出来る事、一人の才能で成長出来る事には、早晩限界が来ます。 仲間と協力したり、発想の違いを感じながら、後輩・新人達の教育や指導を する事が、自分自身の自立・成長に大きな役割を果たしてくれます。 私達は貴方の成長を何より信じています。 その為に事務所も貴方の成長の為の努力を惜しみません。 指導職は、20代の勉強の土台に、これからの30歳前後から充実の業務経験を 重ねて行けると予測しています。

支援職とは何か

2年生、3年生、4年生の皆さんの、キャリアチェンジの相談になりましょうか 

現在の仕事で出来る事は一通りやってみたと思いますか。 今の仕事を変えたい理由は何ですか。 そんな相談に乗りましょうか? 余程ご自身と現事務所の考え方が違わない限り転職はお勧めしません。 大きければ色々な経験が積めると云う事でもありません。 厳しい云い方かもしれませんが、ご本人次第という事も大きいと思います。 それでも私達の事務所を、見ていただいたお気持ちを聞かせて下さい。 なるべく具体的に、事務所の方針・方向性と、あなた様の方向性を摺合せ たいと思います。 会計支援職は、会計・財務の仕事を始めたがご自身のこれからに疑問を持ちつつ、もう一度勉強をしていきたい20歳台以上と予測しています。

業務職(新人)

未経験者と2年未満の経験者

私達の仕事をこれからやって行きたい、未経験者を予定しています。 会計事務所の仕事をしていきたい、仕事の内容を詳しく知りたい方はご連絡をしてください。 仕事を通して色々な経験・勉強を重ねて、 一生の仕事にしていただきたいと思います。 どんな仕事でも、自分が仕事を通じて成長し、仲間とお客様を通じて社会に役立つ仕事をするのだと思います。 どんな仕事を選んでも、どんな会社を選んでも、 私達自分自身の成長への希求が環境を作って行くと考えています。 私達事務所としては、そんな人達のプラットフォームを作りたいと考えています。 会計補助業務職(新人・未経験)は、若年層の長期勤務によるキャリア形成を図る為、26歳未満を予測しています。

補助職とは何か

経験者、未経験者を問わず

社会に初めて出て、仕事として私達の業界を選ばれたのです。
仕事の初歩から、学んで、繰り返し反復して、経験を知識や自信に変えて行って欲しいと思います。
先輩の仕事の補助をしながらステップアップし、成長しやがて後輩を指導し自分や皆の成長を
私達の仕事の根本は、情報処理と考えています。 色々な事実やデータを価値ある物に変換していく過程が仕事だと思います。 やっていただく事は、会計処理や、給与計算も、資料スキャン、から始めます。 

時短職とは何か

指導職程度の役割分担を予定しています

私達の時短勤務で十分に活躍している方がいます。
20時間の補助職パートタイムから、時短社員、無限定社員とステップアップ してくれた社員もいます。
色々な事情、家庭の都合、勉強の都合、色々な事が有るのだと思います。
無限定社員か、扶養範囲パートタイムの二者択一ではなく、時短で働ける 環境を皆で作って来ました。
元々、社員の為、パートタイムからステップアップしたい人の為にやって 来ました。
もし、ご事情ご都合で無限定では働けない方は私達の事務所を見てみて下さい。
但し、会計事務所での経験者に限定しています。
何事も無我夢中で過ごす数年間が必要だと考えています。
その後の選択肢を広げたいと考えています。 指導職以上のご経験の方を予定しています。

在宅職とは何か

5年以上会計事務所で勤務経験が有り、自立して在宅で完結出来る方

ご自宅での在宅勤務でしか出来ない方もいらっしゃると思います。 その様な方が仕事出来るように、業務研究を続けています。